町づくり情報センター

まいづる市民自治研究所(まい研)

 05年11月25日設立の京都で最初のまちの研究所。住民の自治の力を育てること、継続することをモットーに、市民の多彩なゲストを招いての定例会(2ヶ月に1回)や財政分析勉強会、交通問題研究会、市民講演会などを開催。地域調査活動として、「かまぼこ調査」を蒲鉾協同組合の協力をえて実施。

  連絡先〒625-0025
舞鶴市市場773-4(長谷 博史 宅)
  TEL090-8825-2293
  FAX0773-64-5515
  E-mailmaiken2005@zeus.eonet.ne.jp
まいづる市民自治研究所は設立10周年記念企画として講演「今の時代を 湯浅誠さんと考えよう!」を8月27日に実施します。

詳しくはこちら

宇治市民自治研究所(準備会)

 2006年2月にスタート。合併協解散にむけて取り組む。2007年11月に住民要求交流集を、2008年3月には生活相談会を開催。以後、住民が主人公となる地域づくりへのさまざまな活動を展開中。

  連絡先〒611-0021
宇治市宇治琵琶45-2 宇治市職員労働組合内
  TEL0774-22-5653
詳しくはこちら

いいまちねっと東山

 2007年8月18日、要求連絡会から「いいまちねっと東山」に名称変更し、「高齢者が元気で住みよい東山をつくるために」をテーマに、まちの研究所として活動。「自由に話し合える機会と場を提供する」との立場で、この間、学習講演会・東山グループリビング研究会の活動を進めています。東大路通りの渋滞問題や自転車専用道など交通問題も議論。「つまようじでのカシナガ駆除活動」も毎年6-9月に実施しています。

  連絡先〒605-0858
京都市東山区小島町144 京建労東山気付
  TEL090-8160-6049
  FAX075-531-1986
詳しくはこちら

乙訓地方自治研究会

■ 2008年2月開催の第1回乙訓地方自治研究集会を契機に、2008年5月14日発足。地域を知る例会の開催、財政分析活動をすすめる。

■ 地域を知る例会では「なぜ、大山崎町は京都府を訴えたのか 乙訓の水道問題を聞く」などのテーマで開催。
  行財政分析は大山崎町・向日市について実施中。

■ 2009年2月15日、第2回乙訓地方自治研究集会を開催。

■ 2010年2月7日、第3回乙訓地方自治研究集会を開催。

詳しくはこちら

亀岡まちづくり研究会

2008年4月、「住み続けられる亀岡」をめざし発足。月1回の例会を第2土曜日午後に開催。この間のテーマは「亀岡市の財政について」、「亀岡の農業」、「地質学からみた亀岡のまちづくり」など。2010年9月23日に「まちづくり研究・中間報告会」を開催。

  連絡先〒621-0013
京都府亀岡市大井町並河坂井50
  TEL0771-23-3131
詳しくはこちら

福知山行財政研究会

■ 2008年9月11日、「まち研」としての活動を開始。

■ 2009年2月11日フォーラム「持続可能な市財政のあり方を考える」の開催や、合併検証活動をすすめている。

  連絡先〒620-8501
福知山市字内記13-1 市役所2階
福知山市職員組合 担当:松下卓充 
  TEL0773-24-7095
  FAX0773-24-1901
  E-mailk-huku-sisyoku2006@forest.ocn.ne.jp
詳しくはこちら

●年報第11号(185月末発行予定)論文募集●

特集テーマ:「憲法と地方自治」 

☆締切り:2018年4月15日

 ・会員であればどなたでも投稿できます。

 ・特集テーマ以外でもかまいません。

 ・投稿種類:研究・討論・調査レポート、動  向、資料、書評(投稿規定・執筆要項あり)

 年報投稿規定

京都自治体学校

「憲法と地方自治」を北部南部共通テーマに 開催します。

北部自治体学校

日時:218日(日) 13301630

場所:福知山中丹勤労者福祉会館

テーマ:

歴史から学ぶ 憲法と地方自治の役割

 ー北部自治体の今ー

講演:井口和起氏(福知山公立大学長)

報告:自治体の現場、地域からの報告など


南部自治体学校

日時:225日(日) 14001700

場所:JR宇治駅前市民交流プラザ  

   「ゆめりあ うじ」4階会議室1

テーマ:憲法の理念と住民の暮らしを守る

     自治体の役割

講演:「日本国憲法と地方自治」~明治150年キャンペーンの中で考える

講師:本庄豊氏            (宇治城陽久御山地区労働組合協議会議長、 立命館宇治中学校・高等学校教諭、立命  館大学兼任講師)

報告:
 1 「日本中に輝いた憲法行政ー京都府に    おける憲法普及活動ー」                         梶田富一氏(元京都府広報課課長補佐)

 2 広がる格差と貧困、いのちとくらしを     守る運動など(予定)