研究所案内

ご挨拶

理事長  大田直史

京都自治体問題研究所は、住民が主人公の地方自治の発展をめざした調査研究活動を行っています。
21世紀は暮らしをよくし、自然や歴史的環境を守り再生する自治体の役割がますます大きくなってゆくでしょう。
京都研究所は、そのテーマについて府内の自治体と府民がともにとりくむべき課題について研究するセンターです。
 京都研究所は、このような位置づけのもとに、会員の皆さんとともに自由な研究活動をすすめ、住民自治の発展に貢献できるようにとりくんでいきます。
自治体の問題やそのあり方に関心のある多くの方々のご入会を心から歓迎いたします。

活動内容

活動内容

■ 地方自治連続講座

■ 京都市政政策研究

■ 京都府政研究

■ 各市町村の行財政分析

その他、福祉・医療・中小企業などの共同研究

役員のご紹介

理事長大田 直史龍谷大学教授
副理事長池田 豊京都自治労連

庄司 俊作同志社大学教授

中村 和雄弁護士・市民共同法律事務所    
常務理事中村 知彦京都府職労          
事務局長池田 豊京都自治労連       

事業報告・財務諸表

ご入会について

ご入会希望の方はお電話かメールでご依頼ください。

075-241-0781
✉ kyoto@kyoto-jichiken.jp

アクセスマップ

〒604-0863 京都府京都市中京区夷川通室町東入ル巴町80 パルマビル2階D

●年報第11号(185月末発行予定)論文募集●

特集テーマ:「憲法と地方自治」 

☆締切り:2018年4月15日

 ・会員であればどなたでも投稿できます。

 ・特集テーマ以外でもかまいません。

 ・投稿種類:研究・討論・調査レポート、動  向、資料、書評(投稿規定・執筆要項あり)

 年報投稿規定

京都自治体学校

「憲法と地方自治」を北部南部共通テーマに 開催します。

北部自治体学校

日時:218日(日) 13301630

場所:福知山中丹勤労者福祉会館

テーマ:

歴史から学ぶ 憲法と地方自治の役割

 ー北部自治体の今ー

講演:井口和起氏(福知山公立大学長)

報告:自治体の現場、地域からの報告など


南部自治体学校

日時:225日(日) 14001700

場所:JR宇治駅前市民交流プラザ  

   「ゆめりあ うじ」4階会議室1

テーマ:憲法の理念と住民の暮らしを守る

     自治体の役割

講演:「日本国憲法と地方自治」~明治150年キャンペーンの中で考える

講師:本庄豊氏            (宇治城陽久御山地区労働組合協議会議長、 立命館宇治中学校・高等学校教諭、立命  館大学兼任講師)

報告:
 1 「日本中に輝いた憲法行政ー京都府に    おける憲法普及活動ー」                         梶田富一氏(元京都府広報課課長補佐)

 2 広がる格差と貧困、いのちとくらしを     守る運動など(予定)