出版物

京都自治研究第10

〇巻頭言

より豊かな地域研究を京都から                                                              ―『京都自治研究』10号発行にあたって―         (中林 浩)

〇論考

 京都観光外国人の市内公共交通利用上の問題点と解決策                            (土居 靖範)

 ②京都観光のあり方を問う-進行する京都破壊の危機に抗して-                         (中島 晃)

 ③蜷川府政と憲法・教育基本法                                (大平 勲)

 ④戦争する国づくり阻止-平和・憲法を守る大運動を-                             (川上 博司)

 ⑤学校を地域住民の手に -地域の財産は地域の住民のために                 生かしてほしい- (安井 昭夫)

 ⑥強められる原発受忍のイデオロギー攻撃―世論対策と教育介入-                        (市川 章人)

 ⑦市民×行政協働ツールとしての指定管理者制度:          その意義と課題                (主馬 建之助)

京都自治研究第9

 〇論

 ①第6期介護保険事業計画からみえてくる介護制度問題の考察~京都     市の事例を通じて~(松田貴弘)

 ②京都における地域経済と雇用の実態と課題(山縣哲也)

 ③京都市交通まちづくり基本条例の制定を急ごう(土居靖範)

 ④NPO法人市民共同発電をひろげる城陽の会、その後9号基に到達再     生エネ・節電所講演会も開催(杉浦喜代一)

 ⑤国家戦略特区と京都府での推進の動き(中村知彦)

 〇書評

① 島崎謙治著                                                                                                 「医療政策を問い直すー国民皆保険の将来」(ちくま新書)を読む                                                                                                  (中村暁)

 〇報告

 ①お礼とアンケート結果の報告、今後の方向へのご支援のお願い

                     -東大路渋滞対策連絡会- (松井武司・藤本文朗)

原発再稼働?どうする 放射性廃棄物

-新規制基準の検証-

         

  原発は、事故被害の異質性からも、その技術の本質的危険性からも、他の事故や災害と同列に扱うことはできません。

  原発事故は「万が一にもあってはならない」、原発の再稼働はただちに止めるべきとの立場で発刊しました。

  みなさんの運動にお役に立てれば幸いです。      

京都自治研究第

 特集「憲法と戦後70周年」

 ①年表「東山の福祉と革新の源流を探る」から見えるもの(藤田 洋)

 ②引揚者施設・城南農工場の成立と人々の暮らし (杉浦喜代一)

 〇論

 ①リニア新幹線は京都に不要-リニア新幹線建設の問題点と打開策を探る(土居靖範)

 ②地域包括ケアシステム-立ち止まって考える- (中村 暁)

 〇報告

 ①憲法に生命をふきこむ「まち研」活動

   -まちづる市民自治研究所のあゆみをふりかえって- (品田 茂)

 ②東大路通4車線を2車線減少の市の案出る

   -その矛盾に抗しての地元住民の生活と住民自治- (上田弘史・藤本文朗)

 〇書評

 ① 浅見泰司『都市の空閑地空き地を考える』 (三重遷一)

 ②木原啓吉『歴史的環境-保存と再生-』を読む-憲法9条の源流にもふれて (中島 晃)

 ③小田切徳美『農山村は消滅しない』 (庄司俊作)

        

原発事故?その時どこへ-避難計画の検証-

         

避難すべきは住民でなく原発ですが、原発があるかぎり、住民の命と暮らしを守るため、避難計画は立てなければならない。

  京都自治体問題研究所は、 この立場でブックレットを作成しました。

 豊富な図表入りです。川内原発を始めとした再稼働の動きがつよまるもと、「避難計画」は重要な課題となります。

   みなさん運動にぜひ、ご活用ください。

 

       

京都自治研究第

特集「地域おこし」

 〇論

 ①福祉がつなぐ地域再生の挑戦

  -「リフレかやの里」、知己共生型福祉施設「やすらの里」を中心に- (青木一博)

 ②地域づくりはこれから

  -鴨川源流雲ヶ畑の挑戦- (安井照夫)

 ③暮らしてきて良かったといえる野間を (藤原利昭)

 ④自立循環型地域おこし手法の考察

  -住民共同出資の太陽光発電の意義と課題- (土井靖範)

 ⑤手探りで始まったエネルギー地産地消の活動

  NPO法人市民協働発電をひろげる城陽の会、1年のあゆみ (杉浦喜代一)

 ⑥有害獣問題の全体像と課題 (佐藤誠)

 「東大路通り問題」を考える 藤本文朗

 〇書評

 ①大泉英次『不安定と格差の住宅市場論-住宅市場のガバナンスのために-』 (三重遷一)

                                                                       ②藻谷浩介・NHK広島取材班『里山資本主義』 (庄司俊作)

     

●年報第11号(185月末発行予定)論文募集●

特集テーマ:「憲法と地方自治」 

☆締切り:2018年4月15日

 ・会員であればどなたでも投稿できます。

 ・特集テーマ以外でもかまいません。

 ・投稿種類:研究・討論・調査レポート、動  向、資料、書評(投稿規定・執筆要項あり)

 年報投稿規定

京都自治体学校

「憲法と地方自治」を北部南部共通テーマに 開催します。

北部自治体学校

日時:218日(日) 13301630

場所:福知山中丹勤労者福祉会館

テーマ:

歴史から学ぶ 憲法と地方自治の役割

 ー北部自治体の今ー

講演:井口和起氏(福知山公立大学長)

報告:自治体の現場、地域からの報告など


南部自治体学校

日時:225日(日) 14001700

場所:JR宇治駅前市民交流プラザ  

   「ゆめりあ うじ」4階会議室1

テーマ:憲法の理念と住民の暮らしを守る

     自治体の役割

講演:「日本国憲法と地方自治」~明治150年キャンペーンの中で考える

講師:本庄豊氏            (宇治城陽久御山地区労働組合協議会議長、 立命館宇治中学校・高等学校教諭、立命  館大学兼任講師)

報告:
 1 「日本中に輝いた憲法行政ー京都府に    おける憲法普及活動ー」                         梶田富一氏(元京都府広報課課長補佐)

 2 広がる格差と貧困、いのちとくらしを     守る運動など(予定)